バンクイックの返済日は指定日にするか35日ごとにするか

毎月の返済日、バンクイックでは指定日にすることもできますし35日ごとの返済にすることもできます。
勢いよく返済していきたい、というのであれば35日ごとの返済がお勧めです。

35日ごと、というのは返済をした翌日から数えて35日以内に返済をする期日になります。
毎月指定日は契約時に決めた返済日が毎月の返済日になるもので給料日などを考えて指定する方が多くなっています。
それでは35日ごとの返済をお勧めする理由をご説明しましょう。

おまとめをするほどの金額になりますので50万円以下ということはそうそうないでしょう。
金額が大きくなればなるほど金利は優遇されるものの、しかし返済額が大きければ返済期間が長くなることも必至です。
バンクイック増枠の利息は一日ごとに加算されることになりますので返済期間は短い方が得になることはいうまでもありません。
返済期間を短くするためにも積極的に返済と向き合っていく必要が出てきます。

毎月指定返済日も給料日を考えて指定しているのであれば計画的だと言えるでしょう。
しかし積極的にという点ではそうとはいえなくなってきます。
毎月指定返済日の14日前以降の返済を当月分として扱うことになります。
反対に考えると14日前以前の返済は当月分ではなく前月分の追加返済として扱われることとなります。
月に2度返済をしなくてはならない、これが負担となり結局は毎月指定返済日のみの返済になっていくでしょう。
35日ごとであればいつ返済しても構いませんので勢いのある返済をしていくことができます。